ケノンの効果を徹底検証!剛毛女子の脱毛器体験談

 

このサイトでは、家庭用脱毛器として、人気のケノンと言う機種に関する口コミやレビュー・体験談などをまとめたサイトになります。
ネット上では、ステマなどとも揶揄され、一時期は評判も良くなかったケノンですが、ステマ疑惑も解消され、そのケノンの効果に関する注目が再燃しています。
(ステマ騒動のまっただ中でも、楽天の脱毛器ランキングでは、ずっと1位でした。笑)
それだけ脱毛効果が高く、人気の脱毛器と言うことなのだと思うのですが、
じゃあ、なぜ他の脱毛器じゃなく、ケノンを選ぶ人が多いのか、色々と検証していきたいと思います。
ケノンやトリア・ラヴィ・モーパプロなどの脱毛器ごとの脱毛効果のみならず、スペック面やカートリッジの金額感(カートリッジ費用・ランニングコスト)やメーカーサイドのカスタマーサポートや対応などについても、色々と比較しながらケノンが本当に良い脱毛器なのか検証していきたいと思います。
脱毛器は様々な機種があります。その特徴や効果の強さも機種ごとに違ってきます。
そもそも、フラッシュ脱毛器(IPL脱毛器)やレーザー脱毛器などは、毛根部、毛乳頭の毛母細胞が保有しているメラニン色素に光エネルギーを照射して脱毛効果を得るものです。
ですので、その脱毛器の光の強さや、照射時間、面積あたり照射強度などによって、脱毛効果も変わりますし、
逆に強力すぎても、肌トラブルの原因となります。
ここでいう肌トラブルとは、表皮の炎症・火傷、そして、毛嚢炎・埋没毛などと言われるものたちです。
これらは、脱毛サロンでの脱毛においてもつきものと言ってもしょうがないものたちなのですが、
実際に自宅での施術となると、やはりそういうリスクは避けたいもの。
ですので、効果が高く、肌トラブルのリスクの低い機種を選ぶのが一番良い脱毛器の選び方です。
いま、ケノンが人気の理由としては、脱毛効果の高さと肌トラブルのリスクの低さを両立しているところが人気の秘訣みたいですね。
その点に関しては、2chでも散々実証されてきたみたいです。

また。脱毛効果以外の部分でも、フォトフェイシャル機能がついており、
このフォトフェイシャルの美顔機能の効果がかなり高いそうです。
フォトフェイシャルもフラッシュ脱毛も原理としては、同じ。
違う点といえば、照射する光の波長が違います。
フラッシュ脱毛器・フォトフェイシャル美顔器などは、どちらも使用する光源の仕様は同じであることが多く、
違いといえば、ハンドピース前面についている、ガラス製のフィルターです。
つまり、用途によって、フィルターを変えるだけで対応出来るのです。
なので、フラッシュ脱毛器の場合は、フォトフェイシャル美顔機能がついている機種が多いですよね。
その理由は、フラッシュ脱毛器・フォトフェイシャル美顔器の原理が同じだからと言う事だったんです。
そして、フィルターを使い分ける必要がある理由としては、
脱毛機能使用時には、毛母細胞の黒いメラニン色素に吸収される周波数の光を発光しなければなりません。
しかし、フォトフェイシャルにおいて、脱毛時と同じ波長の光を照射した場合、ホクロに一番吸収される光となり、
表皮の毛細血管を拡張させる事は出来ません。
こういった理由から、フィルターを付け替える必要性が出てくるんですね。
かなり脱線してしまいましたが、脱毛・美顔ともに効果が高いと話題のケノンについて、
色々と効果検証していきたいと思います。

様々な脱毛器がある中で、ケノンが選ばれる理由とは?また、ケノンの脱毛効果・価格を脱毛サロンの効果・費用と比較した時に、どっちが費用対効果が高いのか。なども検証しながらレビューしていければと思っています。
ケノンの効果に関する口コミ情報なら当サイトにお任せくださいね!